PL学園出身・元プロ野球選手 野々垣武志のプロ野球リポート セ・リーグ各球団のキーマンとなった選手は?<前編>(6月27日終了時点)

ニュース,取材記事

昨年Aクラスだった3球団のキーマンとなった選手は!?

 
6月19日(金)に120試合制・無観客で開幕したプロ野球。PL学園出身・元プロ野球選手の野々垣武志が、開幕後の各球団のキーマンとなった選手をリポートします。まずは、昨年Aクラスだった3球団のキーマンは!?

<読売ジャイアンツ/坂本 勇人/チーム成績:5勝2敗1分>
開幕から6試合中3試合で複数安打をマークし、打率.445と絶好調だ。
キャリアハイの打率.345をマークした昨季は、“打撃の神様”川上哲治と並んで球団史上2位となる7度目のシーズン150安打を達成し、通算猛打賞も柴田勲を抜いて球団歴代4位となった。今シーズンも主将として、優勝に向けチームを牽引するだろう。

<横浜DeNAベイスターズ/タイラー・オースティン/チーム成績:5勝3敗>
6月23日の中日戦(横浜スタジアム)で、右腕に不安があった新外国人オースティンが「3番・ライト」で今季初めてスタメン出場。すると、期待に応え、5回の決勝タイムリーを含む4打数4安打の衝撃デビューを果たした。ノーステップに近いタイミングでホームランを量産できる打者なので、3割・30本・100打点も考えられるだろう。ベイスターズにとっては心強い助っ人だ。

<阪神タイガース/西 勇輝/チーム成績:2勝6敗>
開幕戦の巨人戦(東京ドーム)で6回4安打1失点と好投。残念ながら白星は付かなかったが、菅野智之からチーム初安打、初得点、初打点、初本塁打を一瞬でマーク。さらに同点で迎えた5回の第2打席では、1死二塁から左中間を破る勝ち越しのタイムリーツーベースを放つ。投手が開幕戦で本塁打を打つのは2008年の川上憲伸(中日)以来12年ぶり12人目の快挙で、西勇輝にとってもプロ入り初ホームランだった。まさに投打の活躍で、今後も楽しみだ。

文・野々垣武志(ののがき たけし)

1971年7月8日生まれ、奈良県桜井市出身。1989年にPL学園からドラフト外で西武ライオンズに入団。同期入団は、ドラフト1位の潮崎哲也、2位の鈴木哲、3位の大塚光二、4位の宮地克彦ら。主に内野手として6年間プレーし、1995年にトレードで広島東洋カープに移籍し、代打の切り札として活躍した。2001年からはダイエーホークスに2年間在籍。その後は台湾プロ野球の誠泰太陽に移籍し、14年間の現役生活に幕を下ろした。現在は野球指導者、YouTuberとして活躍している。

 
◆PL学園出身 元プロ野球選手の野々垣武志のおもしろトーク
YouTube チャンネル「恋するスポーツ 〜PL学園・元プロ野球選手 野々垣のトークCH〜」
チャンネル登録よろしくお願いします!

◆FM NACK5「恋するスポーツ」
野々垣武志ラジオに初挑戦!
毎週火曜日 深夜25:20〜 ※ラジコでも放送後1週間まで聴けます

◆「恋するスポーツ」Twitter
「恋するスポーツ」Twitter(@WillmediaS)
スポーツに関する情報、YouTubeチャンネル配信情報、プレゼント情報などをご案内しています!

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事