スペシャライズドが超軽量e-Bike「TURBO VADO SL」を発売! これまでより40%軽量で、フル充電で充電130kmの走行が可能

ニュース

あなたの生活をアップデートする、これぞe-Bike

 
スポーツバイク(自転車)の総合ブランド「スペシャライズド」が、超軽量e-Bike「VADO SL」2020年5月13日より発売した。e-Bike(電動アシスト自転車)とは思えないほどスマートなルックスと、軽量なフレームが注目されている。

「TURBO VADO SL」は一般のe-Bikeより40%軽量で、モーターはライダーのパワーを最大240ワットまで増幅し、時速24kmまでアシスト。フレームに完全に内蔵されたバッテリーは容量320Whで、2時間35分の充電で130kmの走行が可能だ。また、別売のレンジエクステンダーを追加すれば、航続距離をさらに65km伸ばすことができる。

 
アプリ「Mission Control」と連動させると、ECO、SPORT、TURBOの3モードそれぞれに対し、最大出力とアシスト持続力の両方をほぼ際限なくチューニングでき、Turbo Vado SLのモーターのセッティングを一人ひとりの好みに合わせてカスタムできるようになる。また、アプリのSmartControl機能では、走りたい距離と時間や、ライド終了後に確保しておきたいバッテリー残量を入力しておくことができる。

モデルバリエーションは「VADO SL 4.0 EQ」「VADO SL 4.0」「VADO SL5.0 EQ」「VADO SL 5.0」の4モデルで、フレームはすべてアルミニウムとなっている。

軽さ、パワー、航続距離、ライドクオリティに優れ、坂道も楽々移動。移動自体がフィットネスを増進させ、さらには二酸化炭素の排出も減らせるため、地球すらも健康にしていく新しい時代のモビリティの登場だ。

 
≫プロダクトラインナップはこちら
≫プロダクト詳細はこちら

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事