野々垣武志のプロ野球キャンプリポート オリックス・バファローズ編

プレゼント,取材記事

※応募受付は終了しました。

元プロ野球選手がズラリ

 
PL学園出身、元プロ野球選手の野々垣武志です。昨年は最下位に沈んだオリックス・バファローズですが、個々の選手の能力は高くて気になる存在です。そこで、今年の戦力を見ておこうと、2月1日(土)~29日(土)まで宮崎市清武町で行われたオリックス・バファローズの春季キャンプに行って来ました。

オリックスのキャンプは宮崎市清武総合運動公園内で開催され、一軍はSOKKENスタジアム、二軍はその隣にある清武第二野球場で練習します。公園の入口に着くと、バファローズタウンがお出迎え。ラーメンやみやざき地鶏などの出店、グッズ売り場やバファローズの公式ダンスユニット「BsGirls」のステージで賑わっています。
ところがこの日はオリックス・バファローズの宮内義彦オーナーが視察に訪れていてセキュリティが厳しく、グラウンドには入れませんでした。それでも公園内を歩いていると、元広島東洋カープの大野豊さん、元読売ジャイアンツの吉原孝介さん、お笑い芸人アンガールズの山根良顕さんらとすれ違い、気分は盛り上がってきます。

 
ベンチで打撃練習を見ていて、気になった中川圭太選手に声を掛けました。今年2年目の中川選手は最後のPL戦士で、僕の後輩になります。

キャンプ中に課題としている打撃のポイントは「ボールを打ちにいくときに、身体が投手方向に動かされてポイントが体に近くなりすぎないように、左足をステップしていくときに右膝も一緒に投手方向に動かない様にする。イメージでは、自分の打つゾーンまでボールが来たら右膝を送って、一気に力を投手方向に出す感じ」とのこと。さらに表現は難しいですが、「右膝の角度をギリギリまでキープすれば弓のような感じになる。このときに足裏のバランスは全体で支えながら、投手方向に力を出せる場所に重心を置いてスイングに備える」と話していました。

これが出来れば、ストレート待ちでも変化球にも対応しやすくなりストライクとボールの見極めも良くなるのと、ボールとの距離をとることが出来るので、ボールを芯でとらえる確率が高くなります。

また、タイミングを合わせやすくなることで打率も長打力もアップするでしょう。
午後から行われた紅白戦に出場した中川選手。取り組みの成果が出たのか、いい感じでボールをとらえていました。今年のオープンは1本塁打、打率.318と、まずまずの成績で戦を終えています。今後は試合の中で課題が出てくるので、コツコツと続けて良いシーズンにしてほしいものです。

投打が噛み合えばリーグ優勝も!?

紅白戦では山足達也選手にも注目しました。今年3年目の山足選手はスタメンショートで出場。期待通りの守備力と脚力でした。ここに今年2年目の宜保翔選手がオープン戦から頭角を表してきて、内野のポジション争いはシーズンに入っても続き、ますます厳しくなりそうです。最終的に誰がレギュラーを獲るのか注目です。

この日、見事なホームランを打ったのがT-岡田選手。その後のオープン戦も順調で、開幕後もこの調子でいけば、かつてのホームランキングの復活にも期待できそうです。年齢的にもいろんな経験をしてきて、何かをつかんだのでしょう。ここに、昨年は自身キャリアハイの成績を残した吉田正尚選手、実績充分の大物新外国人選手アダム・ジョーンズが加わるわけですから、今年のオリックスのクリーンアップは西武、ソフトバンクに次いで強力です。

 
一方で投手の方は四球が多く、この試合ではやや乱調気味でした。キャンプの疲れが溜まっているように見えました。先発は山岡泰輔投手、山本由伸投手を軸に、抑えのブランドン・ディクソン投手など素晴らしい投手が揃っているので、これが強力打線と噛み合えば、Aクラス入りはもちろんのこと、リーグ優勝も見えてきそうです。

余談ですがこの日、球団コンディショニングコーチの本屋敷俊介さんの案内のもと、SOKKENスタジアムの旧ブルペンをお借りして、大野豊さんとのキャッチボール動画を撮影させていただきました。
その模様はこちらからご覧ください。

大野さん、オリックス野球クラブ株式会社の横田昭作さん、久保充広さん、キャンプ限定キャプをくださった熊谷泰充さん、佐藤広さん、お世話になりました。心から感謝しております。

野々垣武志(ののがき たけし)プロフィール

1989年にPL学園からドラフト外で西武ライオンズに入団。1995年オフに河田雄祐とのトレードで広島東洋カープに移籍すると打撃が開花し、代打の切り札として活躍した。

プレゼント

オリックス・バファローズのキャンプ限定キャップを5名様にプレゼントいたします。

商品

オリックス・バファローズのキャンプ限定キャップ

当選者数

抽選で5名様

応募期間

2020年4月1日(水)~4月15日(水) 終了

応募条件

1.Twitterアカウントをお持ちでTwitterアカウント「@WillmediaS」をフォローしていること。
2.Twitterアカウントをお持ちで本キャンペーン指定のツイートをリツイートしていること。

※引用ツイートはご応募の対象になりませんのでご注意ください。
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でご参加ください。
※日本国内に在住で賞品の配送先が日本国内の方。
※未成年の方は保護者の方がご応募ください。

手順
1.Twitterアカウント「@WillmediaS」をフォロー。

2.Twitterアカウントで本キャンペーン指定のツイートをリツイート。

3.上記で応募は完了です。

当選発表と商品配送までの流れ

2020年4月16日(木)頃に当選された方にキャンペーン事務局からTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にて、当選通知を行います。その際に賞品配送方法についてをご連絡させていただきます。(「@WillmediaS」アカウントのフォローをはずされておりますと当選連絡ができなくなりますので、ご注意ください。)
※賞品配送は、2020年4月23日(木)以降を予定しております。
※住所、転居先不明・長期不在などにより賞品をお届けできない場合には、ご当選を無効とさせていただきます。
※TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にてご住所をご案内頂けない場合にはご当選の権利が無効となりますのでご注意ください。

その他の注意事項

・本キャンペーンについては下記をお読みいただき、ご同意いただける場合のみご応募ください。
・応募者は本応募規約に従うものとし、一切異議申立てを行わないものとします。
・インターネット接続料及び通信料はお客様のご負担となります。
・賞品の内容は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・当社が意図しない不正な処理を行わせるプログラム等でのご応募は無効とさせていただきます。
・当サイトの利用によるいかなるトラブル・損害(直接、間接の損害別を問わず)が発生したとしても一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンでお預かりする皆様の個人情報の保護方針についてはプライバシーポリシーに記載しておりますので、必ずご一読の上、ご利用願います。
・本キャンペーンの規約に違反していると事務局が判断した場合に限り、アカウントのブロック等の必要な措置を取ることができるものとします。
・本キャンペーン規約の解釈・適用に関しましては、日本国法に準拠するものといたします。

運営事務局について
本キャンペーンは、ウィルメディア株式会社が運営しております。
適正な運営を行う為に本キャンペーンの応募条件変更等、あらゆる対応をとることができるものとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事