杉野遥亮「基本パンツもはかずにうろうろする…」。意外な一面が明かされた映画『羊とオオカミの恋と殺人』初日舞台挨拶

TV・エンタメ,取材記事,映画

 
『羊とオオカミの恋と殺人』の初日舞台挨拶が11月29日(金)TOHOシネマズ日比谷にて開催され、W主演を務める杉野遥亮と福原遥と、共演の江野沢愛美、朝倉加葉子監督が登壇した。

会見では、MCから撮影がハードだった事について聞かれ、杉野は「環境は良くなかったです(笑)。」と話し、朝倉監督からは「良くなくはないでしょ(笑)。」と突っ込みが入った。杉野は続けて「良くなくはないんですが、朝から晩までセットの家にこもっている状態だったので…途中から呼吸できていないなんて感覚に陥ったりしていて(笑)。」と撮影の舞台裏を語っていた。

福原は殺人鬼役のオファーを受けた点について聞かれ、「今までやったことのない、理解できない役をやってみたかったので、嬉しかったですけど…不安もありました(笑)。でも楽しみでした」と話した。

トークテーマのコーナーでは、映画の「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」にちなみ、自身の意外な一面を告白する企画も行われた。杉野が「こう見えて“がさつ”なんです」と告白し「お風呂から上がったら、基本パンツもはかずにうろうろする…」と話し会場は笑いに包まれていた。

最後に福原は「皆さんにもまるっとこの映画を好きになっていただけたらうれしい」と話し、杉野は「お客さん1人ひとりの心の中この映画がに残ってくれたら本望だなと思います」と観客に呼びかけ、盛況の中で舞台挨拶は幕を閉じた。

この記事を書いた人
ウィルメディア編集部

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
こちらでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事