有村架純、國村隼、筒井真理子ら豪華キャスト! 映画「かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-」12月1日に放送決定

TV・エンタメ,映画

地方鉄道を舞台にしたヒューマンドラマ第3作


©2018「かぞくいろ」製作委員会

 
第1作の島根県、第2作の富山県と、地方鉄道を舞台に描かれる“RAILWAYS”シリーズ。第3作「かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-」が12月1日(日)にWOWOWで放送される。
今作の舞台となったのは鹿児島県と熊本県を結ぶ“肥薩おれんじ鉄道”。「バースデーカード」の吉田康弘が脚本も手掛けて監督。運転士を目指すシングルマザーの晶を演じる有村が堂々たる座長ぶりを見せれば、彼女を温かく見守る義理の父親・節夫を演じる國村が抑えた演技でサポート。回想シーンで登場する夫役の青木崇高と息子役の歸山竜成の見た目の雰囲気がそっくりなことも、リアルな雰囲気を醸し出している。

<ストーリー>

晶は夫の修平とその前妻との子・駿也と東京で暮らしていたが、修平の突然の逝去で生活が一変する。彼女は駿也とともに修平の故郷・鹿児島に向かい、まだ会ったことのない義理の父親、節夫のもとを訪ねる。節夫は突然やって来た2人を戸惑いながらも受け入れ、3人の共同生活が始まる。やがて、晶は修平の子どものころからの夢であり、鉄道好きな駿也のために鉄道運転士を目指すことになる。だが、彼女の前には困難が待ち受け……。

番組情報

映画「かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-」
12月1日(日)21:00~23:15
WOWOWシネマ[SS][字]
※12/3(火)にWOWOWプライム、12/20(金)にWOWOWシネマ、1/29にWOWOWシネマでも放送

出演
有村架純 國村隼 桜庭ななみ 歸山竜成 木下ほうか 筒井真理子 板尾創路 青木崇高

監督・脚本
吉田康弘

音楽
富貴晴美

©2018「かぞくいろ」製作委員会

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす~く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事