よく使う単語は「辞書登録」でスマホ入力をスムーズに!

モバイル,恋するスマホ

辞書登録とは?

自分がよく使う「単語」を辞書登録しておくと、文字入力時に優先的に変換候補として表示されます。
スマホだけでなくパソコンでも使われている機能です。

スマホの辞書登録は、
iOSでは「ユーザ辞書」、Androidは「ユーザー辞書」と表示されます。

では、文字入力時に出てくる「予測変換」と何が違うのか。

予測変換とは、文字入力の途中でいくつかの候補を予測して表示してくれる機能です。スマホが入力した言葉を学習し、最近入力した言葉や入力頻度の多い言葉などを表示してくれます。
さらに、「お疲れさま」を選ぶとそのあとに続く言葉が「つながり予測」で表示される機能などもあります。


「予測変換」はスマホが出すもの、「変換」は自分で登録したものが表示される。

 

あらかじめ自分がよく使う言葉を「辞書登録」し変換させるか、スマホが自動的に候補を出すかの違いになります。

辞書登録のやり方

それでは、新規で辞書登録する方法を紹介します。

■ Android
※画像は、Xperia XZ3

1.文字入力画面からツール一覧を開く


赤枠内を長押しするとツール一覧が表示
(ここではメモアプリを起動しています)

 

2.ユーザー辞書をタップ


赤枠内をタップ

 

3.+マークをタップ


赤枠内をタップ

 

4.読み/語句を入力しOKをタップ


「読み」は候補を出すときに入力する文字、「語句」は変換候補に出したい言葉

 

■ iOS
※画像は、iPad

1. ホーム画面から「設定」アプリを開く

2.「一般」>「キーボード」をタップ


赤枠内をタップ

 

3.「ユーザ辞書」をタップ


赤枠内をタップ

 

4.右上の+をタップして、 単語を入力し登録する
「ユーザ辞書」を開くと右上に+マークがででくるので、それをタップすると下記の画像のような登録画面が表示される。


「単語」が変換候補に出したい言葉、「よみ」は候補を出すときに入力する文字

 

辞書登録時に注意すること

入力が楽になるのでついつい辞書登録ばかりすると、自分が登録した単語で埋め尽くされてしまうことも。

例えば、登録した一文を長くするとこのように表示されます。

 
このように、長文を辞書登録すると変換しづらくなる場合もあるのでご注意を。

ちなみに、上記の画像の赤枠をタップすると他の変換も表示されます。

 
スマホによって画面サイズが異なるので、使いながら探ってみてください。

 
/////////////////
今回は、入力がスムーズになる「辞書登録」についてご紹介しました。

予測変換されにくい言葉やよく使く言葉は、辞書登録しておくと入力の手間が省けます。

まずは、よく使うあいさつなどの定型文から登録してみてはいかがでしょうか。
住所などを辞書登録しておくのも便利ですが、個人情報が気になる方は登録を避けたほうがいいかもしれません。もし登録する場合は、ロック画面にパスワードをかけるなどセキュリティ面も気を付けてくださいね!

また「予測変換」も十分便利な機能なので、辞書登録とうまく使い分けてみることをおすすめします。

このアプリは「恋するスマホ」で紹介される予定です。
FM NACK5(埼玉・79.5MHz)の「恋するスマホ」(毎週火曜26:40-26:50)では便利なアプリやサービスを紹介しています。
恋するスマホツイッターで最新情報をぜひチェックしてみてください!
この記事を書いた人
ウィルメディア編集部

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
こちらでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事