アメリカで『ラ・ラ・ランド』以来の最高興収! ポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』来年1月公開決定!

ニュース,映画

ハリウッドを代表する映画監督たちからコメント到着!


© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 
今年のカンヌ国際映画祭で、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いたポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』が2020年1月に全国公開されることが決定した。

全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族の出会いから想像をはるかに超える展開へと加速していく物語は、ロサンゼルス、ニューヨークの3劇場で公開されると376,264ドルの興収を記録。米国限定公開のオープニング館アベレージで、2019年の最高記録を樹立した。3館以上の劇場で限定公開された作品としては、世界的ヒット作となった『ラ・ラ・ランド』(’16)以来、最高の興収を記録した。

また、第92回アカデミー賞®での受賞が有力視され、ハリウッドを代表する映画監督たちからも、本作が持つ力に魅了された!と絶賛の声が続々と寄せられている。

<アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ コメント>
(映画監督/『ヴェナント:蘇えりし者』)
予想のつかない、圧倒的な展開!観た瞬間から魅了され、観た後も自分のなかで育っていく。

<エドガー・ライト コメント>
(映画監督/『ベイビー・ドライバー』)
ポン・ジュノ監督が描き続けてきた異なるジャンルがクロスオーバーするのを観られたことはとても嬉しかった。とんでもなく面白い、最高のスリラーだよ。早くまた観たい!

<ギレルモ・デル・トロ コメント>
(映画監督/『シェイプ・オブ・ウォーター』)
ポン・ジュノは、最高賞パルムドールに値する映画監督だ!

映画情報

『パラサイト』
2020年1月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

出演
ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

監督
ポン・ジュノ『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』

音楽
チョン・ジェイル

© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事