大人の恋愛模様を描いた映画『パリの恋人たち』 ルイ・ガレル監督・主演で12月3日より日本公開決定!

ニュース,映画

リリー=ローズ・デップの着こなしにも注目


© 2018 Why Not Production

 
フランスの人気監督フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルが監督と主演を務めた「A Faithful Man」が邦題『パリの恋人たち』として12月13日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開することが決定した。

ジャーナリストの青年アベルは、3年間同棲したマリアンヌから妊娠を告げられ喜ぶのもつかの間、父親は友人のポールであることから別れを切り出される。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会、同時にポールの妹イヴからも想いを告白され…普段着のパリを舞台に、本当の気持ちを素直に表せない、不器用な男と女の揺れる関係を短編小説のように描いた大人のラブストーリーだ。
2018年・第31回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス部門」にて上映され(上映時タイトル「ある誠実な男」)、第66回サンセバスチャン国際映画祭ではコンペティション部門で脚本賞を受賞している。

主演のアベルには、ルイ・ガレル(「グッバイ・ゴダール!」)。父・フィリップのほか、ベルナルド・ベルトルッチ、ジェーン・バーキン、クリストフ・オノレやジャック・ドワイヨンらに愛されてきた名実ともにフランス映画界きってのサラブレッド。監督作としては「ふたりの友人」(2015)以来となる。2人の女性たちの間で右往左往するアベルを「何度も生まれ変わる“いたいけな人”をイメージしました。降りかかる災難をすべて楽しんでしまう人」と解釈し、どこかくすっと笑ってしまうような愛すべき主人公が出来上がった。
マリアンヌには実生活でもルイのパートナーでもあるレティシア・カスタ。ヴィクトリアズ・シークレットはじめ80以上の雑誌のカヴァー、ラルフ・ローレンやイヴ・サンローランのモデルとして絶大な人気を誇り、フランス全土の市庁舎に飾られるマリアンヌ像のモデルにもなっている人物だ。
また、大人の女性であるマリアンヌに対し、小悪魔的魅力でアベルを翻弄するイヴには、今や世界の若者たちのオピニオンリーダーとなりつつあるリリー=ローズ・デップ。いわずと知れたジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの愛娘でシャネルのモデルとしても活躍中。2014年「Mr.タスク」で女優デビュー後、着実にキャリアを積み重ねているリリー=ローズだが、本作では初恋のときめきを鮮やかに演じており、パリジェンヌらしいファッションの着こなしにも要注目だ。

映画情報

© 2018 Why Not Production

 
映画『パリの恋人たち』
12月13日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開

監督
ルイ・ガレル

出演
ルイ・ガレル / レティシア・カスタ / リリー=ローズ・デップ / ジョゼフ・エンゲル ほか

映画『パリの恋人たち』公式サイト

© 2018 Why Not Production

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事