「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展 9/21より北九州市漫画ミュージアムで開催決定!

ニュース

「翔んで埼玉」のトビラ画も展示予定

 
北九州市漫画ミュージアム・企画展示室で「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展が、白泉社が特別協力のもと開催されることが決定した。

2018年11月に100巻を、2019年6月には少女マンガ史上最多の単行本101巻を刊行し、現在も連載が続く「パタリロ!」。生みの親である漫画家・魔夜峰央は、1973年のデビュー以降、ギャグのみならず、怪奇ものやSF、アクションにミステリーと、ジャンルを横断して唯一無二の世界を描いてきた。作画においても、一目で魔夜の作品と分かるオリジナリティと美しさを確立。深い闇や艶やかな夜が想起される印象的なベタ(黒い塗りつぶし部分)、均一な線で隙間なく描かれる華麗な装飾に背景……これらが組み合わさった1枚の原稿が織りなす妖しく幻想的な空気は、見る者の心を掴んで離さない。

魔夜峰央のデビュー45周年を記念して、2018年10月から今年2月まで明治大学米沢嘉博記念図書館で開催され、大いに話題を呼んだ「魔夜峰央原画展」。今回は作品やコーナーを追加して再構成し、パワーアップした内容となっている。刊行された関連書籍は300冊を超える作家の奇跡を、約300点にのぼる美しい原画や資料とともに振り返る。
2016、2018年に舞台化され、2019年に実写映画が公開された「パタリロ!」(Blu-ray&DVDが11月15日にネルケプランニングより発売)。同じく2019年に公開された実写映画「翔んで埼玉」が全国で大きな話題を呼ぶなど、新しい世界が広がり続ける魔夜峰央作品の原点がここにある。

<魔夜峰央 プロフィール>

 
新潟県出身。1973年「見知らぬ訪問者」が『デラックスマーガレット』秋の号(集英社)に掲載されデビュー。76年「やさしい悪魔」を『花とゆめ』大増刊(白泉社)に発表。以降、同社誌面で怪奇マンガを中心に活躍し始める。1978年「ラシャーヌ!」「パタリロ!」でギャグ作家に転身し、人気を確固たるものにする。2018年11月には花とゆめコミックスの「パタリロ!」が100巻を達成。他多数の作品を描いており、これまで刊行された関連書籍は300冊を超える(同作別バージョン等含む)。「パタリロ!」は1982年にテレビアニメ化、2016・18年に舞台化、19年に実写映画が公開。同じく2019年に公開された実写映画「翔んで埼玉」は全国で大きな話題を呼んだ。

開催概要

【名称】
「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展

【会期】
2019年9月21日(土)~ 11月10日(日)

【開館時間】
午前11時~午後7時(入館は午後6時30分まで)

【休館日】
毎週火曜日(ただし10月22日は開館、翌23日が休館となります)

【場所】
北九州市漫画ミュージアム 企画展示室(北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity 5階)

【主催】
北九州市漫画ミュージアム 

【特別協力】
白泉社

【協力】
小学館クリエイティブ、青土社、宝島社、明治大学 米沢嘉博記念図書館、高杉世界、野田謙介、粟生こずえ、鈴木紀成

【監修】
ヤマダトモコ

【観覧料】
・一般/900(720)円、中高生/400(320)円、小学生/200(160)円
・常設展とのセット券
 一般/1,200(960)円、中高生/550(440)円、小学生/300(240)円
※(  )は北九州市漫画ミュージアム年間パスポート提示者、市内在住で65歳以上であることが確認できる方、30名以上の団体の1名あたりの料金。
※療育手帳、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方(1名まで)は無料。

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす~く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事