綾野剛×杉咲花×佐藤浩市、豪華キャストで送る衝撃作 映画『楽園』10/18全国ロードショー

ニュース,映画

「悪人」「怒り」吉田修一原作×『64-ロクヨン-』瀬々敬久監督・脚本


© 2019「楽園」製作委員会

 
「悪人」「怒り」など、映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。その最高傑作と評される「犯罪小説集」が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬々敬久によって、ついに映画化。

主演にはその実力と人気の高さからトップスターの座を築いた綾野剛。そして確かな演技力で急成長をみせる杉咲花が、緊張感あふれる本編に華を添える。また、日本を代表する名優・佐藤浩市が、重厚なドラマを支えて作品の世界を完成させている。さらには、柄本明、村上虹郎などの顔ぶれが揃い、令和元年、新たな衝撃作の誕生となった。

本作では、ある地方都市で起きた幼女失踪事件を取り上げている。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあう2人。
だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して、事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。
だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤立を深める。次第に正気は失われ、誰もが想像もつかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、その陰に隠される真実とは――。
“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ者の運命とは――。

<映画『楽園』超特報はこちら(YouTube)>

映画情報

映画『楽園』
10月18日(金)全国ロードショー

 
出演
綾野剛 / 杉咲花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市

原作
吉田修一「犯罪小説集」(KADOKAWA刊)

監督・脚本
瀬々敬久

公式サイト

© 2019「楽園」製作委員会

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事