ボサノヴァの神様 ジョアン・ジルベルトを巡る旅の記録 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』8/24(土)より全国順次ロードショー

ニュース,映画

「イパネマの娘 」などを生み出した“ボサノヴァの神様”を巡る旅の記録


©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

 
“ボサノヴァの神様”と称されるブラジルの伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトの行方を追ったドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』が、8月24日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAを皮切りに全国順次公開されることが決定した。

「イパネマの娘 」「想いあふれて」など、ボサノヴァファンでなくとも、誰もが耳にしたことのあるこれらの名曲の数々は、その類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめた、“ボサノヴァの神様”と称される伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトによって生み出された。
2003年に初の日本公演を実現し、その後も2004年、2006年と来日を重ね、日本でも多くのファンを持つジョアン・ジルベルト。しかし2008年8月26日にリオ・デ・ジャネイロで開催されたボサノヴァ誕生50周年記念コンサートへの出演を最後に、公の場に姿を現すことのないまま10年以上もの時が経った。

フランス生まれでブラジル音楽を敬愛するジョルジュ・ガショ監督によるドキュメンタリー『ジョアン・ジルベルトを探して』は、ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、ジョアン・ジルベルトに会うため、リオ・デ・ジャネイロに出向いた顛末を描いた1冊の本「Ho-ba-la-lá: À Procura de João Gilberto」をガショ監督が手に取った時から始まった。
その懸命な追跡にも関わらず、マークはジョアンに会えないまま、本が出版される1週間前に自ら命を断ったという。ガショ監督は、マークの旅に強く共鳴し、彼の夢を実現すべく、ジョアンゆかりの人々や土地をブラジル中尋ね歩く。
ジョアンの名曲の数々に、ミウシャ、マルコス・ヴァーリ、ジョアン・ドナートら有名ミュージシャンたち、リオをはじめ とするブラジルの美しい風景など、ジョアン・ジルベルトのファンのみならず、ボサノヴァファンも垂涎の音楽ドキュメンタリーが完成した。

映画情報

©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

 
映画『ジョアン・ジルベルトを探して』
8月24日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー

監督
ジョルジュ・ガショ

出演
ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・ヴァーリ

配給
ミモザフィルムズ

公式サイト

©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事