不要なものはどうしてる? スマホで簡単!売り買いが楽しめるフリマアプリでの整理整頓術をご紹介

モバイル,恋するスマホ

不要なものを捨てるのはもったいない!?

そろそろ衣替えの時季ですが、着なくなった服などはどうしていますか?
他にも、部屋の整理をしたときに出てくる不用品。
そのまま、ゴミに出したりしていませんか?

そんなときは、ここ最近、耳にする「フリマアプリ」を利用してみるのも、ひとつの手です。
出品ジャンルは、洋服、小物、家電、化粧品など幅広く、化粧品など、ちょっと使ってみたいものを試したいときに、お試し的な感じでも利用できます。
また、購入した商品が自分のイメージと違ったら、簡単に出品できることも、フリマアプリが気軽に取り入れられている理由かもしれません。

他にも、不要なものを売るサービスは、オークション、中古買取ショップなどがあります。
どれを使うかは、あなた次第ですが、今日はフリマアプリをご紹介していきます。

フリマ、オークション、買取それぞれの違いは?

大きな違いは、「値付け方法」です。

【フリマアプリ】
出品者が売るものの値段を決め、「その値段でいい」という人が購入。
出品者が、値付けするので納得感があります。

代表サービス:メルカリ、ラクマ、ヤフオク!

【オークションアプリ】
欲しい人が、値段を入札し合い、最終的に一番高い金額を入札した人に売る仕組みです。
高値で売れることもあるかもしれませんが、売れるまでに時間がかかることも。

代表サービス:ヤフオク!、モバオク!

【買取サービス】
リサイクルショップや買取専門会社へ依頼。
買取価格は、お店の査定によって決まるので、自分で値付けできず、ほとんどが言い値になります。
ただ、出品や発送の手間がかからず、すぐにお金になります。

他にも、購入者とのやりとりや各種手数料など、サービスによってかかる手間は変わります。

フリマアプリ「メルカリ」で出品してみる

今回は、本のバーコードを読み込んで出品する方法をご紹介します。
※利用するには、会員登録が必要です。
画像は、会員登録し、ログイン後の画面となります。

1.カメラアイコンをタップ


赤枠内を選択

 
2.「バーコードで出品(本など)」をタップ


赤枠内を選択

 
3.バーコードにスマホカメラをあて、読み込みが完了すると、「商品名」が表示される


赤枠内が「商品名」

 
4.続けて他の写真を撮る。最大4枚掲載できるので、できるだけ最大枚数掲載する。


カメラマークをタップすると、続けて撮影できる

 
5.撮影が終わったら、右上の「完了」をタップ


赤枠内を選択。4枚撮影すると、写真で埋まる。

 
6.商品説明や必須項目(商品の状態、配送料の負担など)を入力。
※バーコードから読み込まれた情報が表示されるので、補足説明を入力する。


黄色マーカー部分が読み込まれた情報

 
7.すべての入力が終わったら「出品する」をタップ


赤枠内を選択

 


「出品した商品」として表示される

 

出品時に注意すること

・値付け
アプリ内で、同ジャンルの相場を確認し、値付けをするといいでしょう。
特に、過去の売れた商品情報を参考にして、商品の値段設定をするのが○。

また、洋服など季節にかかわるものは、その時期の服の方が売れやすいようです。

・写真
商品の状態がわかりやすい写真を載せましょう。
傷があっても大丈夫ですので、その箇所の写真を撮りましょう。
あとからもめるより、最初にすべて正直に掲載するのが大切です。

・説明
写真とともに、説明文も重要です。
以下項目は、基本項目です。
—————
正式名称
型番
ブランド(メーカー)
商品の使用期間
傷や汚れの状態
色、素材、サイズ
出品理由
—————

例えば、化粧品(ファンデーション)の場合
・メーカー××、オークル10
・箱なし
・3回ほど利用し、自分の肌に合わなかったので売ることにした
などの説明と今回売ることにした理由などがあると購入者もわかりやすいです。

・梱包
商品の破損・水濡れ・汚れ対策をして、トラブルを防止しましょう。
購入者からの評価ポイントのひとつです。

フリマアプリでまずは、商品購入から始めてみるのをおすすめします。
どんな流れでやりとりするのか、実際自分で購入すると、出品するときにどのように対応すればいいのか、自分で納得できます。
また、たばこや医薬品など、出品禁止品があるので出品前に確認しましょう。

まずは、不要なモノは捨てずに、売ってみる、令和元年にそんなチャレンジも良いですね。

このアプリは「恋するスマホ」第7回放送で紹介されました。
FM NACK5(埼玉・79.5MHz)の「恋するスマホ」(毎週火曜26:40-26:50)では便利なアプリやサービスを紹介しています。
恋するスマホツイッターで最新情報をぜひチェックしてみてください!
この記事を書いた人
ウィルメディア編集部

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
こちらでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事