1950年代のポーランド、冷戦下という時代に翻弄された恋人たち 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』6月28日(金)全国公開決定!

ニュース,映画

『イーダ』のパヴリコフスキ監督がこだわったモノクロ映像

 
第91回アカデミー賞で監督賞、撮影賞、外国語映画賞の3部門にノミネート。パヴェウ・パヴリコフスキ監督最新作「COLD WAR あの歌、2つの心」が 6月28日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマン トラストシネマ渋谷ほかで全国公開が決定した。

本作は前作『イーダ』で第87回アカデミー賞・外国語映画賞を受賞、世界的な評価を受けるポーランドのパヴリコフスキ監督が、ポーランド・ベルリン・ユーゴスラビア・そしてパリを舞台に、心と五感を刺激する音楽と映像で綴る、冷戦下で恋に落ち、西と東で揺れ動き、別れと再会を幾度となく繰り返しながらも時代に引き裂かれたピアニスト・ヴィクトルと歌手・ズーラの美しくも情熱的なラヴストーリーだ。

この度解禁となった場面写真では、ヴィクトル(トマシュ・コット)とズーラ(ヨアンナ・クーリク)が出会ったポーランドの民族舞踏団“マズレク”で、深淵な眼差しを会場に向けながら舞台で歌うズーラの姿のほか、ポーランドからパリに亡命したズーラがエレガントなブラックドレスを纏って華やかなパリのジャズバーで歌う場面など。

 
パヴリコフスキ監督はもともと本作をモノクロで撮影した前作『イーダ』(第87回アカデミー賞・外国語映画賞受賞)と同じになることを避け、意識的にカラー映像にしようと考えていたという。しかし「本作の時代の中心である50年代のポーランドは色に溢れた国ではなかったため、カラーにすることは『嘘』になると思った」と、モノクロの映像で作り上げた理由の一部を語っている。ほか「本作をもっとドラマティックに見せるため、特にパリの部分はコントラスを強調した」ど、その美しい映像へのこだわりを述べている。

<予告映像はこちらから YouTube>

映画情報

タイトル
映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
6月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ピアニストのヴィクトルと歌手志望のズーラはポーランドの音楽舞踏学校で出会い、愛し合うようになる。冷戦中、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、ベルリンでの公演時、パリに亡命する。歌手になったズーラは公演活動で訪れたパリやユーゴスラビアでヴィクトルと再会する。ズーラは彼とパリに住み始めるが、やがてポーランドに戻ってしまい、ヴィクトルも後を追う。二人の愛は結ばれるのだろうか――

監督
パヴェウ・パヴリコフスキ

脚本
パヴェウ・パヴリコフスキ、ヤヌシュ・クウォヴァツキ

脚本協力
ピヨトル・ボルコフスキ

出演
ヨアンナ・クーリク、トマシュ・コット、アガタ・クレシャ、ボリス・シィツ、ジャンヌ・バリバール、セドリック・カーン ほか

配給
キノフィルムズ

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』公式サイト

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)
この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事