TOKIO松岡昌弘、博多大吉、テレビ東京『二軒目どうする?』 ゲストの“尻職人”倉持由香が「白レバーのたたき」を絶賛!

グルメ,ニュース

毎回女性ゲストを招く居酒屋ぶらりバラエティ

テレビ東京で毎週土曜深夜0:50から放送されている『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』。レギュラーメンバーの松岡昌弘(TOKIO)、博多大吉(博多華丸・大吉)が女性ゲストを招く、居酒屋ぶらりバラエティとして人気を博している。

街や路地、ツマミなどにまつわる“酒や肴のうんちく”を語りながら、出演者がしっかりと飲んでほろ酔いになる姿が視聴者から好評だ。

2月2日放送回のゲストは倉持由香


一同が絶賛した「白レバーのたたき」

倉持は100センチのヒップを武器に「尻職人」としてブレイク中だ。昨年5月に出演し、松岡と大吉のラブコールから再出演が実現したそうだ。

まずは港区・赤坂にある「りきとや 寛(かん)」へ。
「白レバーのたたき」に一同が絶賛!ほかに「いぶりがっこチーズ」を注文し、生ビールで乾杯した。SNSでも「白レバーうまそう」「食べたい」と話題に。

「りきとや 寛(かん)」の紹介ムービー(YouTube)

夢だったタワーマンションに引っ越した

倉持は昨年の出演時は「事務所の台所で寝袋で寝てた」ことや「事務所社長と秩父で山に籠って修行した」と仰天エピソードを語ったが、なんと「今は夢だったタワーマンションに引っ越した」とサプライズ報告。

「バブって来た?」と驚かれたものの、「35階立ての5階」と答えて一同を安心させた。そのタワマンの室内写真を公開。Francfrancでそろえたシンプルな家具に、雀卓とゲーミングPCとチェアを見て、美尻のおかげだと松岡・大吉が感心した。

家賃が払えなくなったらどうしよう…

次にメキシコ料理の「アンベ・クァトロ」へ移動。「羊飼いのタコス」ほかを注文し、マルガリータで乾杯。倉持はグラドルの厳しい内情について「13歳でデビューして、がむしゃらにやってきて、やっと友だちと遊べるようになった」と告白した。「タワーマンションに住めて幸せだけど、家賃が払えなくなったらどうしよう…」と本音を漏らした。すると大吉が「売れている人で嫌な人はいない」と大先輩らしいアドバイスでまとめた。

各種情報
●番組で紹介されたお店情報
 
炭火焼鳥居酒屋「りときや寛(かん)」
公式サイト

メキシコ料理「アンベ・クァトロ」
公式Facebook

●番組情報
「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」
テレビ東京

・放送日時:毎週土曜 深夜24:50~
・出演者:松岡昌宏(TOKIO)/博多大吉(博多華丸・大吉)

毎回、街や路地、ツマミなどでテーマを決め、それにまつわる“酒や肴のうんちく”を語る、居酒屋ぶらりバラエティー!お酒やツマミにちょっと詳しい“松岡節”もたっぷり!博多大吉のトークと華やかな女性ゲストで酒も肴も進みます!

番組公式サイト

 

※この記事はauテレビでも掲載されました。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)

 

この記事を書いた人
栗林 勝/編集者/1970年東京都生まれ。
専修大学英文科を卒業後、20年ほどアダルト・サブカル系出版社で、雑誌・書籍・ウェブ編集を経験。広く、浅く、安く、をモットーにうす〜く生きている。

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
このブログコーナーでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事