マツコ興味津々!新失恋ソングの女王・HY仲宗根泉と初共演!

ニュース

平成&昭和の名曲を2人が「実体験」をもとに赤裸々に語る


マツコ・デラックス(左)に「失恋ソングの世界」を語るHY・仲宗根泉(右)

 
1月8日(火)よる8時57分からの『マツコの知らない世界』新春2時間スペシャルに沖縄が生んだ失恋ソングの女王・HYの仲宗根泉がゲスト出演!本人の実体験をもとに、「失恋ソングの世界」をマツコ・デラックスに語る。

2012年、28歳の時に5歳年下の男性と結婚、出産と今は幸せいっぱいの家庭を持つ仲宗根泉だが、それまでは失恋の連続だったようだ。

失恋ソングは心の「浄化」である。
失恋で傷ついた時に、実体験に似た失恋ソングを聴くと、悲劇のヒロインになりきって思いっきり泣いて、心を「浄化」することでスッキリできるという仲宗根泉。中学一年の時、友達に「いける!」と乗せられ、公衆電話から告白。しかし「友達にしか思えない」とアッサリ断られ、友達からは励まされたが、帰りのバスの中で大号泣。その時に、心の傷を癒してくれたのが岡本真夜の「Alone」。「歌詞の通りに行動することで、登場人物になりきって乗り切った」という。その後も、相談相手が彼を好きになる典型的な略奪型や、二股型など、あらゆるジャンルの失恋を経験したが、その度に、失恋ソングに救われているという。

そんな仲宗根の話を聞いているうちに、自身の失恋体験を思い出したマツコ。恋人と別れ、タクシーの中で泣いてしまったマツコを見て、運転手がかけた“忘れられない言葉”など、マツコの失恋秘話も明かされる。互いの失恋体験談を語り合い、すっかり意気投合したマツコと仲宗根が、自身の恋の傷をいやした「平成&昭和の名曲」をたっぷり味わい尽くす。

また、自身も失恋ソングのヒット曲を生んでいる仲宗根泉は、失恋の痛みを感じた“その瞬間”に歌詞を書いてきた。大ヒット曲「366日」の誕生秘話なども明かされ、仲宗根泉が「失恋ソングの女王」と呼ばれる由縁を紐解いていく。

失恋はタイミングを考えず、いつか突然やってくる。 今日、たまたまこの記事を読んでいる瞬間にも、誰かに訪れているかもしれない。 そんなとき、仲宗根泉の「失恋ソングの世界」は、誰かの心に響くことだろう

そして、仲宗根泉の話をマツコがどう受け止めるのか?

乞うご期待。

ほか、新春2時間スペシャルでは「銀座ママの世界」でマツコが銀座の夜の世界を初体験!埼玉から成り上がった伝説ママが登場!「カップラーメンの世界」では、1万5千食から超厳選!マツコが60年の歴史を食べ尽くす!をご覧いただく。お見逃しなく!!

放送情報
タイトル:『マツコの知らない世界』新春2時間スペシャル
放送日時:TBS系 1月8日(火) 20時57分~
出演者:マツコ・デラックス/仲宗根泉 ほか

番組公式ホームページ

 

※この記事はauテレビでも掲載中です。
http://sp.tvez.jp/(スマートフォン向けサイトです)

 

この記事を書いた人
ウィルメディア編集部

<ご案内>
各種試写会や取材のご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
こちらでご紹介させていただきます。

現在のサイトにお悩みの方お問い合わせフォームはこちら

最新の記事